学校の選択は大切|独学で法律関係の資格が取得できる行政書士|難関突破の勉強法

独学で法律関係の資格が取得できる行政書士|難関突破の勉強法

一軒家

学校の選択は大切

積み木

卒業時に資格が取れる

近頃は、育児をしながら仕事を続ける女性が増えてきているため、保育園の増設や保育士の増員が必要とされています。保育士の資格を取得するには、いくつかの方法がありますが、高校を卒業してから専門学校や大学に進学するのが一般的です。保育士の資格を取得するためには、保育士の試験に合格しなければなりませんが、厚生労働省が指定する養成施設を卒業すれば、受験をしなくても保育士資格を得ることができます。保育士になるために大学に進学する場合には、卒業時に資格の取得が可能であるかを確認することが大切です。志望大学を決めるときには、ホームページやオープンキャンパスを利用して、資格や就職実績などの情報を調べておくのがいいでしょう。

幼稚園教諭免許も人気

4年制大学で保育士資格が取れるのは、子ども福祉学科や幼児教育コースなどがあります。大学では、4年間のカリキュラムの中で、幼児教育や公共衛生、福祉などについて学び、保育園や幼稚園での実習も経験できます。子ども福祉や幼児教育系の大学では、保育士資格と幼稚園教諭免許の両方が取得できる学校も多くあります。近年、従来の保育園と幼稚園の両方の機能を併せ持つ「認定こども園」の新設が増えているので、保育士資格と幼稚園教諭免許の両方を持っている人材が多く求められるようになってきています。大学で保育士資格を取得した場合、卒業生の多くは、保育園やこども園、児童養護施設などに就職します。資格を活かすことができるので、就職率は高い傾向にあります。